20代以降の初心者必見!大人が剣道を始める秘訣とは?

剣道と言う武道は比較的良く知られていますが、メジャーとは言い難いかもしれません。

しかし、近くの道場に通う子供たちは決して少なくないですし、それに伴って我が子を見守る親御さんもいらっしゃいます。

そのような大人の中には、子供の稽古を見ているうちに、自分もやりたくなることがあります。

ですが、剣道経験者ならまだ入り易いものの、全くの初心者が20代以降に初めて竹刀を持つのは躊躇いがちです。

そこで今回お話したいのは、20代からでも剣道を始めるには遅くないと言うことです。

剣道を始めるのに年齢は関係ない

最初に言っておきたいことは、何歳から剣道を始めても遅過ぎることはない、と言うことです。

更に言えば、剣道はいくつになっても続けられる武道でもあるのです。

20代の初心者と聞けば遅いように感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、実際には子供と一緒に始める親御さんが多いです。

そのような人は20代どころか、30代や40代も珍しくありません。

そして、初心者から長く続けて、ゆくゆくは指導者になる人すらいらっしゃいます。

社会人になってから剣道を始めるとなれば、基本的にはそこまで厳しい指導にならず、仕事との両立が出来る範囲で稽古に励むことが出来ます。

そうなると楽しく剣道に取り組むことが可能で、おのずとモチベーションも高くなっていきます。

目的も人によってそれぞれで、軽く運動したい程度の人から、昇級や昇段審査を目標としている人もいらっしゃいます。

何にせよ学生や子供たちと違って自由度が高いので、ある意味で社会人になってから剣道を始めるのはチャンスとさえ言えるでしょう。

社会人になってから剣道を始めるメリットとは?

社会人になってから剣道を始めるのは悪いことではないと述べましたが、ここでは具体的なメリットに触れてみようと思います。

真っ先に思い付くのは、運動不足やストレスを解消出来ることでしょう。

社会人になると仕事によるストレスが溜まり易く、運動する機会も減ってしまいます。

それらを改善する役割として、剣道は効果的だと言えます。

また、意外なメリットとして知人、友人が出来ることが挙げられます。

共通の話題を持つ仲間は貴重であり、生涯の関係に発展する可能性もあります。

会話が弾むと前述のような、ストレス解消にも繋がると言う側面も持ちます。

他にも様々メリットがありますが、まずは楽しんで稽古をすることが大前提でしょう。

指導者の方々も、基本的には剣道を普及させたいと考えているので、邪険にされることはないハズです。

堅苦しく考えずに、少しでも興味があるのなら、まずは道場の門を叩いてみてはいかがでしょうか。

誰しもが初心者から始まるのですから、何も恐れる必要などありません。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする