剣道の上段に勝つテクニック!遠い間合いに気を付けよう

剣道のことをあまり良く知らない人に、イメージする構えを聞いてみると、大抵の場合は中段が答えとして帰ってきます。

それは間違いではなく、剣道選手の多くは中段を用いています。

ですが、中には上段を好んで使う人もおり、対策が出来ていなければあっと言う間に負けてしまうかもしれません。

「自分は使わないから」、「使っている人が少ないから」と、上段に関して探求することをやめてはいけません。

どのような相手でも的確な攻防が出来るようになって、初めて一人前の剣道選手と言えるでしょう。

上段に効果的な対抗策は?

剣道の上段に対抗する基本は、平正眼です。

相手が左上段に構えたとき、左拳に剣先を突き付けるようにしましょう。

その状態で間合いを保って、右回りに動くのが一般的です。

これは何故かと言うと、自分の小手を守ると同時に面も防ぎ易くなるからです。

更に、右回りで移動すると相手は自分の手で自分の視界を塞ぐようにもなってしまうのです。

それでは、ここからどのように攻めれば良いかですが、上段に対しては左小手と突きが有効です。

特に精度の高い突きを打つことが出来れば、相手が上段でも恐れるに足りません。

上段は構えの性質上、突きの守りが完全に疎かになっています。

もっと言葉を選ばずに言えば、挑発されているようにすら感じるでしょう。

そのようなときは、一度本気の突きをお見舞いして下さい。

そうなると、相手は必ず何かしらの行動を取ります。

もし動かいようなら、そのまま突きを決めてしまえば良いのです。

では、突かれた相手は一体どのような反応を見せるのでしょうか。

考えられるのは、後ろに退く、竹刀で打ち落とす、左手を内側に入れて払う……と言ったところです。

この中で後ろに退くと言う選択は、恐らくですがあまりしません。

と言うのも、上段は攻撃特化の構えで、よほどの自信と覚悟がなければ使えないからです。

上段を使っている選手を退かせるのは、相当難しいと言えるでしょう。

もっとも、実際には退く選手もいるのですが、そのような上段は怖くも何ともないです。

それゆえ、ここでは相手が退かずに動いたときを想定します。

狙うのは、相手の左手が動いた瞬間です。

突きを打ったことで動いた相手の、両小手や面が打ち易いです。

上記はあくまでも突きをメインとした攻め方ですが、次に小手を直接狙う攻め方に触れてみます。

平正眼の構えで間合いを保っていれば、左小手が打ち易く思えるでしょう。

ですが、そのことは相手も承知しており、捌かれる可能性が高いです。

しかし、捌くと言うことは動くと言うことです。

左小手を捌く為に動けば、相手の別の場所に隙が生まれます。

人にもよりますが、そのときに最も隙が出来るのは右小手でしょう。

つまり、一つの攻めパターンとして、左小手からの右小手を練習することをお勧めします。

上段の得意分野を潰そう

剣道における上段の得意技と言えば、片手面が真っ先に挙げられると思います。

この片手面への応じ技として理想的なのは、日本剣道形の五本目のような面すり上げ面でしょう。

とは言え、この技は少し難易度が高いです。

そこでもう一つの手段として、面返し面があります。

上段からの片手面は、いわゆる捨て身の技です。

高い攻撃力を持ちますが、二の太刀、三の太刀と続けられる技ではありません。

それゆえ、片手面は返すことが出来れば相手の面が無防備になり、そこを狙い撃ちにすれば良いのです。

そして最後に、上段の選手との試合で最も難しい間合いに関してお話します。

上段の選手のプレッシャーは凄まじく、思わず一歩退いてしまいそうになるかもしれません。

ところが、逃げるように下がったその間合いは、上段の得意分野なのです。

中段を相手にしているのと同じような間合い感覚では、成す術もなくやられてしまうでしょう。

もっとも、だからと言って悲観する必要はありません。

上段は遠い間合いを得意とする半面で、近い間合いを苦手としています。

決して退かずに、普段よりも近い間合いで勝負するつもりでいると良いでしょう。

上段の選手に限りませんが、試合では相手の嫌がることをするのが基本です。

慣れない上段だからと言って居着かずに、堂々と立ち回れるようになって下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする