剣道の小手を柔らかくする方法

剣道において、防具は重要な意味を持ちます。

基本的には相手の打突から身を守る為に付ける訳ですが、それによって動きが阻害されてしまっては本末転倒です。

それゆえ、正しい付け方を覚えて、それを実践する必要があります。

剣道の打突を繰り出すときに、手首のスナップは非常に大きなポイントですが、小手を柔らかくしていないと満足に使えません。

そこで今回は、剣道の小手を柔らかくする方法を解説したいと思います。

とにかく使い込もう

剣道の小手を柔らかくする方法ですが、端的に言ってしまえば稽古を多く積んで、使い込むことです。

竹刀もそうですが、小手も使い易さは人それぞれであり、自分に合ったように柔らかくする必要があります。

とは言え、何の準備もなく使うだけでは不十分です。

ではどうすれば良いかですが、手を入れたあとに紐を引っ張って、肘の辺りで固定してしまいます。

そうすることで、手と手首がそのままで竹刀を振れるので、柔らかくするのに適していると言えます。

また、使う前に少し水で湿らせて、使い終わったあとは陰干しにすると、より一層柔らかくなり易いです。

荒療治も覚えておこう

上記の方法が、剣道の小手を柔らかくする、基本的な方法だと思います。

ですが、他にも方法がない訳ではありません。

ここで紹介する方法はその1つですが、正直なところ少し難しいです。

それは、小手を叩いて揉むと言う方法です。

揉むのはともかく、叩くのは少々抵抗があるかもしれませんが、上手くすれば効果的に柔らかくすることが可能です。

その際に使う道具は、いわゆる木槌です。

間違っても、金槌などは使わないようにしましょう。

小手のヘリの部分はパーツが重なり合っており、何度も繰り返して針を通して縫い上げられています。

それよりに若干固いので、ここを揉むことで随分と使い易くなります。

揉むのは叩くよりもハードルが低いので、抵抗がある人はこちらの方法を採用する方が良いでしょう。

叩くのも良いですが、どうしても小手を損傷してしまう可能性があるので、出来れば慣れている人にお願いした方が無難です。

このとき、いきなり叩いたり揉んだりするのではなく、少し水に付けて半乾きにしてからすると良いです。

ただし、安物で作りが悪い物や、既に破損している物を水に付けるのは避けましょう。

前提として革と布、毛で出来た防具なので、若干伸ばしたり切ることは可能です。

上記の方法を駆使して、自分に合った柔らかい小手を作るようにして下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする