剣道の指導者必見!初心者を勝たせるコツ!

剣道にしろ他の武道やスポーツにしろ、経験者と初心者の間には大きな差があります。

しかし、だからと言って初心者が必ずしも勝てないかと言えば、そうとも限りません。

理に適った効率的な指導を行うことで、剣道初心者でも実力がグングン伸びて、勝てるようにもなるのです。

そこで今回は、剣道初心者に対してどのような指導をすれば良いか、解説させて頂きます。

まずは声を出すことから

剣道初心者を勝たせる指導方法ですが、まずは声を出せるようにしましょう。

剣道において声は非常に大事で、特に小中学生を指導する場合はポイントになります。

他のスポーツなどでも声を出すことを求められますが、剣道はそれ以上に重要だと言えます。

それは、剣道の試合で一本を取る為に「気剣体」の一致が求められるからです。

どれだけ見事な打突を繰り出しても、声を出せていなければ「気」が不充分だと見なされ、一本にはなりません。

それほど、剣道における声は大切なのです。

では、どのような指導をすれば声が出るようになるかですが、いくつかの発声練習をご紹介します。

一つは、ペットボトルを股に挟んで声を出す方法。

一つは、割り箸を口に挟んで行う発声方法。

一つは、稽古中にことあるごとに声を出させる方法。

最初は恥ずかしがって声が出せない人もいますが、指導者や経験者が率先して声を出すことで自然と声を出すようになります。

中々上手くいかなかったとしても、粘り強く声を出す指導を続けましょう。

練習試合を多く取り入れよう

剣道初心者を強くする為には、足さばきや剣さばきなどの基本を指導することが必須ですが、それだけでは足りません。

基本稽古でも試合を意識した打突を心掛けるとは思いますが、試合独特の感覚を身に付けるには経験を積むしかないでしょう。

それゆえに、初心者だからこそ多くの試合に臨む必要があるのです。

とは言え、初心者にいきなり試合をするように言っても、実力を発揮出来るハズもありません。

ですが、その悔しい体験は速い段階でしておく方が良いです。

そうして多くの試合を繰り返せば、次第に試合特有の空気に慣れていき、少しずつ実力を出せるようになるでしょう。

言うまでもなく、同時に基本稽古にも取り組んで、地力を上げなければなりません。

いくら試合に慣れようとも、そもそもの実力が低ければ意味はないからです。

要するに、初心者に対する指導とは、基本をしっかり教えるだけでも、試合を多く経験させるだけでも駄目だと言うことです。

中には徹底的に基本を教える指導者もいますが、その考えは改めるべきでしょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする