剣道初心者必見!間合いの取り方のコツと練習方法

剣道の間合いには二種類あり、一つは相手との距離と言う意味の間合いで、もう一つは試合中の時間に関する間合いです。

どちらも非常に重要であり、剣道の試合で勝つには間合いを正確に測る必要があります。

そこで今回は、距離的な意味の間合いを取り上げ、初心者向けの練習方法をご紹介します。

距離的な間合いとは

剣道における距離的な間合いは、一足一刀の間合いを基本にしています。

これは一歩の踏み込みで面打ち、胴打ち、小手打ちを行える距離のことを言います。

細かい距離はその都度違いますが、大まかな基準で言えば、竹刀の中結から剣先までの打突部分が交わる間合いです。

この間合いより遠くなると遠間、近付くと近間と言いますが、初心者はまず一足一刀の間合いを保てるように練習しましょう。

とは言え、自分が初心者で一足一刀の間合いでしか戦えないとしても、相手もそうだとは限りません。

遠間が得意な相手もいれば、近間が得意な相手もいます。

それゆえ、初心者が対応するのは難しいかもしれませんが、知識として対応策を知っておいて下さい。

遠間が得意な選手は、一足一刀の間合いでは無類の強さを発揮しますが、距離を埋めて接近戦に持ち込めば、チャンスが広がる可能性があります。

反対に近間が得意な選手は、試合が始まると出来るだけ早く接近して来ようとするので、その出鼻を挫くことが出来れば案外上手くいきます。

相手の得意な間合いがどの距離かは、実際に戦ってみないとわかりません。

しかし、ある程度の判断材料はあり、簡単に言えば細かく速く動くのが上手い選手は、近間が得意な場合が多いです。

これはあくまでも傾向であり、絶対と言うことではありません。

ですから、あくまでも参考程度にしてもらえると幸いです。

初心者用の練習方法

剣道初心者が間合いの感覚を養うには、とにかく試合形式で打ち合うと良いでしょう。

ですが、ここではそれ以外で効果的だと思われる、練習方法をご紹介します。

まずは、ゴムチューブを用意して、竹刀と同じ長さにして下さい。

そして、かかり手(指導を受ける方)も元立ち(指導する方)も、防具を全て付けましょう。

元立ちは竹刀とは逆側のゴムチューブ左手で握り、左目の場所と高さに保って下さい。

そうするとかかり手は、自然と中段の構えになります。

ここまでの準備が出来れば、元立ちが前後左右にランダムに動きましょう。

それに対してかかり手は、構えを中段にキープしてその動きを追い掛けて下さい。

このとき、ゴムチューブが弛んだり伸びたりすると、間合いが崩れていると言うことです。

理想はゴムチューブなしでも微妙な間合いの変化に気付くことですが、剣道初心者には中々困難です。

だからこそ、こう言った練習を取り入れて、体に覚え込ませると良いでしょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする