大人の初心者でも大丈夫!剣道の道場を訪れる心構えとは

楽器や書道などの文化系な趣味と比べて、剣道などの体育会系の趣味は、歳を取るにつれて始め難くなると思われがちです。

学生の頃に習っていたのならまだマシですが、大人の初心者が剣道の道場の門を叩くのは、勇気がいるように感じるかもしれません。

しかし、実際はそれほど複雑な話ではないのです。

大人でも子供でも関係なく、初心者でも経験者でも関係なく、剣道を始めるのに遅過ぎることはありません。

とは言え、何の心構えもしていなければ続かない可能性もあります。

そこで今回は、大人の初心者が剣道の道場に通う際に、気を付けておくべきことを中心にお話します。

何よりも楽しむこと

大人が剣道を始めるパターンとしては、学生のときに部活動に所属していたり、子供の頃に習っていた場合がありますが、それならばさほど苦も無く道場の門を叩くことが出来るでしょう。

問題は全くの初心者である場合ですが、意外と大人になってから剣道の道場に通う人は少なくありません。

何故なら、お子さんが剣道を習っている保護者が練習を見ているうちに、自分も参加したくなるからです。

そのような理由で30代や40代の大人でも、初心者から始める人は多く、中にはそのまま指導者になる人もいます。

ここでポイントとなるのは、自分が何を求めて剣道を始めるのか、と言うことでしょう。

前述のように指導者になることを目指す人もいれば、少し体を動かしたいだけの人もいます。

そこに優劣はなく、人それぞれ理由は違うと言うことです。

そして大事なのは、決して無理のない範囲で、何よりも楽しんで稽古が出来ることです。

大人である以上、学生のように剣道一筋とは中々いかず、仕事や家族のことを大切にするべきでしょう。

それにもかかわらず限界ギリギリまで稽古を積んでいては、日常生活に支障をきたしかねません。

ですから、どのようなモチベーションで剣道を始めるにしろ、長く続ける為には楽しむことを意識しましょう。

剣道を始めるには?

お子さんが剣道を習っているなら別ですが、普通に生活していればあまり剣道と接する機会はないかもしれません。

そのような人が剣道を始めたいときにどうすれば良いかですが、端的に言えば近場の町道場を探しましょう。

最初は近寄り難く感じるでしょうが、心配する必要はありません。

町道場で剣道の指導をしている人は、基本的に剣道を広めたいと考えています。

要するに、剣道を始めたいと言う人を邪険にすることは、ほとんどないのです。

正直なところ、町道場の普及率は順調に進んでいるとは言い辛いことが多いです。

それゆえ、進んで習いたいと言う人は、本当に有難い存在なのです。

大人だから、初心者だからと尻込みすることはありません。

大人には大人に合った、初心者には初心者に合った稽古法があります。

それを楽しんで行うことが出来れば、次第に腕も上がることでしょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする