剣道が上手くなるコツ

剣道の目的は稽古を通じて己を磨くことにありますが、技術そのものを高めることも大事です。

要するに剣道が上手くなると言うことですが、このようなことは言われずともわかっていると思います。

ですが、いくら剣道が上手くなりたいと思っても、その方法を知らなければ上手くなりようがないでしょう。

そこで今回は、剣道が上手くなる為に実践して欲しいことを、幾つかご紹介したいと思います。

剣道にセンスや才能は必要なのか

剣道が上手くなるか否かは、心構え1つで大きく変わります。

昔は根性論でとにかくがむしゃらに頑張らせる方法が主流でしたが、現代ではメンタル面を重要視するのが常識です。

そして、そのメンタルに関わる1つの要素として、センスや才能の有無が挙げられます。

身近に自分よりも才能溢れる選手がいれば、モチベーションが維持し難いかもしれません。

ですが、実際は剣道が上手くなるのにセンスや才能は必須ではなく、なくても問題はないのです。

センスがあるかないかの違いは、幼少期の試合の勝敗だけだと私は考えています。

ですが、高校生辺りからになるとセンスだけでは通用せず、どれだけ稽古を積んでいるかが勝負だと言えます。

攻め方や駆け引きなどは経験がものを言うので、センスに胡坐をかいている人には決して身に付けられません。

そしてそれらの要素こそが、剣道が上手くなるには必要不可欠なのです。

ですから、自分に剣道のセンスがないと嘆いている人も、諦めずに稽古を積めば、いずれ一流の選手になれると言うことです。

剣道が上手くなる手っ取り早い方法

手っ取り早いなどと言いましたが、口にするほど簡単ではありません。

どう言う方法かと言うと、とにかく自分より強い人と試合をしたり、地稽古を多く積むことです。

自分よりも強い人と戦うのは、非常に勇気が必要だと思います。

ですが、その恐怖から逃げずに立ち向かうことで、自身の成長に繋がるのです。

そして、負け続けることは決して無駄ではありません。

どうして自分は負けたのか、相手と何が違うのか、相手の得意技は何なのか、それに対応する為に自分に何が出来るのか……など、様々なことを考えるようにしましょう。

漠然とやられてはなりません、負けながらも考え続けることが肝要です。

それを続けることが出来れば、必ず剣道が上手くなるでしょう。

いかがでしょうか。

単に上手くなると言ってもそのアプローチ方法は様々ですが、何はともあれ現時点で弱くても諦める必要はないと言うことです。

是非稽古に励み、今まで負けていた相手に勝てるようになって下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする