剣道が上達する稽古の種類は?

剣道だけではなく、武道全般における練習のことを「稽古」と言います。

「稽古」とは、「いにしえをかんがえる」と言う意味です。

要するに、昔からの教えを守りながら練習し、更なる工夫や研究を重ねる――と言う意味になります。

そして、剣道の稽古には様々な種類があり、現代でも研究はされています。

そこで今回は、剣道が上達するのに効果的な、稽古の種類について解説します。

多種多様な稽古方法

剣道の基本的な稽古の種類として、切り返しが挙げられます。

具体的な方法は、正面を打って体当たりし、そのまま左右の面を打ちながら、前進と後退を繰り返します。

一般的な稽古の最初と最後に行われることが多く、剣道の基本中の基本だと言えるでしょう。

この稽古を完璧に出来ることが、剣道上級者への第1歩です。

次に、打ち込み稽古と言う種類があります。

打ち込み稽古では、相手に向かって連続で打ち込む稽古法です。

この稽古で学ぶのは、実際の試合における打突の感覚や間合い、体捌きなどです。

単発のみの基本打ちから始まり、小手面などの連続技、そして引き技や応じ技も練習します。

他には、掛かり稽古と言う種類もあります。

掛かり稽古では、棒立ちになっている相手が隙を見せた瞬間に打ち込みます。

一定の時間を決めて、合図と同時に打ち込むのが一般的な方法です。

このとき気を付けるのは、常に全力かつ全速力を出すことでしょう。

体力と気力を鍛えると同時に、咄嗟の判断力を養うことも可能な、実戦的な稽古です。

稽古の締め括りには

上記の種類に加えて、剣道の稽古の締め括りに行われるのが多いのは、地稽古です。

柔道などにおける乱取りのようなもので、ボクシングなどで言えばスパーリングに似ています。

2人1組で行い、実際の試合と同じように技を打ち合います。

ここで履き違えてはいけないのは、あくまでも稽古であり、勝ち負けにだけ拘ってはいけないと言うことです。

「だけ」と言ったように、勝ち負けにも拘って良いのですが、重要なのは自分の苦手を克服し、長所を伸ばし、新たな技を習得することです。

特に、苦手を克服するのは最優先するべきでしょう。

基本技である面打ち、胴打ち、小手打ちのどれもを、試合で使えるレベルにまで引き上げなければなりません。

そしてその中から得意技を作り、更に応用技を身に付けるように稽古します。

その上で、勝ちを目指すようにして下さい。

このとき、出来れば自分よりも強い人を相手にすることが効果的です。

負けることを恐れずに、積極的に自分から向かって行きましょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする