剣道初心者が、初試合に臨む際に気を付けるポイント

武道の1つである剣道ですが、誰しも最初は初心者です。

幼い頃から剣道を習っている人もいますが、中学校の部活から始めるパターンが比較的多いです。

そして、剣道初心者が避けては通れない道に、初試合があります。

もしかしたら一切試合には出ない――と言う人もいるかもしれませんが、剣道を始めたからには是非試合に出て欲しいと思います。

そこで今回は、剣道初心者に向けて、初試合の心構えを解説したいと思います。

必要最低限の所作や礼式を覚えよう

剣道初心者が初試合に臨むに当たって、まず身に付けて欲しいのは所作や礼式です。

初心者が技術面で劣るのは、はっきり言って当然のことです。

ですが、所作や礼式ならば、短期間でもマスター出来るはずです。

逆に言えば、そう言った当たり前のことが出来ていない人は、試合でも結果を残せません。

仮に勝てたとしても、剣道家としては半人前でしかないでしょう。

細かな説明は省きますが、大きく分けて以下の3つがポイントだと言えます。

1つは、試合前後の礼式。

1つは、合議中の所作。

1つは、竹刀を落としてしまった際の所作。

この3つに気を付けていれば、最低限のラインはクリア出来ていると言えるでしょう。

勿論、これはあくまでも最低限なので、更に上を目指す姿勢を持ち続けて下さい。

初心者が勝ちたければ

上記では、剣道初心者が初試合に臨む際の、礼儀に関して触れましたが、ここでは勝敗に拘った内容を取り上げます。

勝敗に関する最低限のことは、「絶対に勝つ!」と言う気持ちを持つことです。

それでは、どうすれば強い気持ちを持てるかですが、剣先に神経を集中させ、大きな声を出すことです。

特に声は大事で、いくら技が綺麗に決まっても、声が出ていなければ取ってもらえません。

そして、自分から前に出ることも忘れてはいけません。

戦術の1つとして後ろに下がることはありますが、それは上級者の話です。

初心者はまず、常に前に出るようにしましょう。

一足一刀の間合いに入ったら、相手より先に仕掛けるようにして下さい。

ただし、あくまでも技を「出す」のであって、「出させられる」のではありません。

焦らず落ち着いて、自分の打突を繰り出せば良いのです。

また、剣道においては多くの手札を持つことが有効ですが、初心者は面を徹底して磨きましょう。

中途半端に胴打ちや小手打ちを練習するくらいなら、1つの技に集中した方がまだ勝率は上がります。

勿論、だからと言って全く練習しなくても良いのではなく、試合に向けて特訓するのは面に絞ると言うことです。

それが出来るようになれば、徐々に得意技を増やして、剣道上級者を目指して下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする