剣道初心者に伝えたい!正確な面打ちを打つテクニック!

剣道の基本技は面打ち、胴打ち、小手打ちの三つがありますが、恐らく初心者が最初に覚えるのは面打ちだと思います。

しかし初心者のうちは中々上手く面打ちが出来ず、試合で一本を取るのが難しいかもしれません。

そこで今回は、剣道初心者が正確な面打ちを出来るようになる為に、押さえておくべきポイントについて話させて頂こうと思います。

正確な面打ちのポイントとは?

剣道に限った話ではありませんが、何事も初心者のうちにどれだけ基本を身に付けられるかによって、その後の伸び方が大きく変わります。

それは剣道の面打ちも同じで、意識するべきポイントは存在します。

まず、自分が狙ったところに打ち込めるようになるだけでも、試合で有効打突になる確率は高まります。

攻めるときも相手の技に合わせるときも、これが出来ているかどうかが大事でしょう。

それでは、狙った通りに面打ちをするにはどうすれば良いかですが、目がぶれないようにすることがコツだと言えます。

目がぶれると言うことは体自体がぶれている可能性が高いので、言い換えれば姿勢をしっかりと保たなければなりません。

姿勢を保って打つには、水平移動を心掛けて踏み込み、腰から相手にぶつかるようにしましょう。

前に出る意識が強過ぎると体が前に流れてしまいがちなので、背筋を伸ばして体勢が崩れないようにして下さい。

付け加えて、竹刀を振り上げるときは床に対して垂直に立てるようにします。

気を付けなければならないのは、肩に担ぐような振り上げ方をしてはいけないと言うことです。

これを成し遂げるには、常に相手の中心を取り続ける必要があります。

そして実際に打ち込むときは、左手を主に使って竹刀を操り、右手は補助程度に考えましょう。

強い面打ちのテクニック

面打ちは正確さも大事ですが、強く打つことも必要です。

しかし、強く打つ為に振りを大きくしてしまえば、相手に挙動を悟られて打ちこまれてしまう危険があります。

それゆえに打突の動きは、出来るだけ小さくしなければならないのですが、そうすると弱くなってしまうことがあります。

ですから、ここでは小さい動作で強く面を打つテクニックをご紹介します。

最初に、面打ちで注意するべきことは、腕の力だけではなく体全体で打つことです。

具体的には、踏み込みの勢い、腕を前に伸ばす力、手首のスナップ……これらを上手く使うと言うことです。

これが高精度で出来るようになれば、小さな動きで強い面打ちを行うことが可能です。

無理に竹刀を強く振ろうとすると変な癖が付いてしまうことがあるので、練習するときはこのことを意識して、少しずつでも身に付けるようにしましょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする