初心者必見!剣道が上達するにはこれが大事

剣道に限らず、他の武道やスポーツ、果ては勉強や家事などに至るまで、上達するには練習しなければなりません。

とは言え、一言で「練習しろ」と言っても、何から始めれば良いかわからないでしょう。

そこで今回は、剣道初心者を対象として、上達するには何から取り組むべきかを解説させて頂きます。

体力と精神力

剣道を学ぶ上で最も大事なのは、足さばき……と、良く言われますが、敢えてそのことには触れません。

では何を取り上げるかと言えば、それ以前の話です。

具体的には、体力と精神力です。

これらは、剣道が上達するには必須の、基本中の基本です。

そこで取り組むべきは、走ることです。

「そんなこと?」と言った疑問が聞こえてきそうなほど単純ですが、何故走ることが大事かは意外と知られていません。

細かな設定を述べるなら、約2.5㎞を約10分で走れるようになって下さい。

そして、毎日欠かさず行うようにしましょう。

走ることで、打突の際の踏み込みに必要な脚力が身に付き、同時に精神力を鍛えることも出来ます。

それと同時に、筋力トレーニングも取り入れましょう。

剣道は防具を付けた状態で試合や稽古を行うので、腕力以外にも体幹の強さが大事になります。

筋力トレーニングの種類としては、腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットなどです。

人によって筋力が違うので、適切な回数を設定するべきですが、無理し過ぎず、それでいて楽ではない回数を心掛けましょう。

メンタルの影響力

剣道が上達するには、上記のような最低限のことをクリアしなければなりませんが、どのような気持ちで稽古に取り組むかが重要です。

試合においても選手のメンタルが運動パフォーマンスに与える影響は大きく、勝敗を分ける要因にもなります。

そして心構え次第で、同じ時期に始めて同じ稽古をしても、伸び方に差が生まれることも往々にしてあります。

良く陥りがちなのが、センスのある人と自分を比べて、落ち込んでしまうパターンです。

これは仕方ないかもしれませんが、剣道とセンスの関係を正しく理解していれば、自分を保っていられます。

剣道とセンスの関係ですが、あるに越したことはないですが、なくても何ら問題ありません。

センスがあると幼い頃に試合で勝てる可能性が高いですが、高校生くらいになればそれだけでは通用しなくなります。

本当に重要なのはセンスではなく、駆け引きや崩しなど練習や試合経験で培われるモノです。

要するに何が言いたいかと言うと、剣道においてはセンスよりも絶え間ない努力が物を言うと言うことです。

加えるならば、剣道は勝つことが最大の目的ではありません。

厳しい稽古に耐えて、技を磨き、精神的に強くなり、更に上を目指そうとする向上心を持ち続ける。

これらを身に付けてこその剣道だと言うことを、覚えておいて下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする