剣道の連続技のコツと練習方法

剣道における打突の種類は、基本的に面打ち、胴打ち、小手打ち、突きの四種類です。

しかしながら、最終的には上記のどれかを打つとしても、連続技として組み合わせればそのパターンは数え切れません。

そこで今回は、連続技の種類とそのコツについて解説します。

連続技に詳しくなろう

剣道の試合では、多くの選手が一本打ちを狙います。

ですが、実際に仕掛けて毎回一本を取れるとは限らず、そのようなときこそ連続技を使うのです。

それでは、そもそも連続技とは何なのでしょうか。

端的に言えば、一打目で決まらなかったときに、二打、三打と繋げる打ち込み技の一種です。

そして、連続技の組み合わせは多種多様です。

連続技は基本的に二段打ちで使われることが多いですが、三段目やそれ以上と続けることで、攻めのパターンは無限だと言えます。

その中でも基本的な連続技は、小手面打ちと小手胴打ちでしょう。

他には、面追い込み面や面引き小手打ち、面引き胴打ち、面引き面打ちなども挙げられます。

これだけでもかなりの数ですが、共通して言えるのは一本一本を精確に打つことです。

連続技の練習方法

上記では連続技がどう言うものか説明しましたが、ここでは具体的なコツや練習方法を取り上げます。

連続技のコツですが、ポイントは以下の三つだと考えられます。

・相手を一打目で崩して、即座に二打目に繋げる。
・相手が下がったところを、逃がさず追い詰める。
・体当たりを仕掛けて生まれた隙を突く。

相手が一息つこうとした瞬間が狙い目で、そこを見逃さずに仕掛ければ決まり易いです。

言うまでもなく、隙を逃さない為には相手をじっくり観察する必要があります。

続いて具体的な練習方法を解説します。

小手面打ちや小手胴打ちの練習では、自分が一打目に小手を攻めると同時に、相手に一歩引いてもらいます。

そしてすぐさま距離を詰め、面打ちや胴打ちを繰り出しましょう。

面追い込み面も同様で、こちらから面打ちを仕掛けたときに下がった相手を、逃がさないように面を打って下さい。

引き技の場合は、自分から攻めて相手にぶつかり、鍔迫り合いになった瞬間に面打ち、胴打ち、小手打ちを仕掛けます。

練習のコツとしては、相手が一歩引いた距離感を体に覚えさせることでしょう。

それが出来れば、連続技がグッと上達するはずです。

基本技もそうですが、連続技を実際の試合で使うには、徹底的な反復練習が必要です。

考えて打つのではなく、体が勝手に反応するほど馴染むのが理想だと言えるでしょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする