大学から剣道を始める初心者が気を付けるポイント

剣道や他の武道、スポーツにおいて、経験者と初心者の差は大きいです。

それは、始める時期に差があればあるほど、顕著になるでしょう。

例えば、小学校から始めた人と中学校から始めた人の差よりも、小学校から始めた人と大学から始めた人の差の方が大きくなるのは必然です。

しかし、だからと言って剣道を初心者から始めるのに遅過ぎると言うことはありません。

大学からだろうが、もっと言えば社会人からでも剣道を初心者から始めるのは可能です。

そこで今回は、大学から剣道を始めたい人に向けて、注意するべきポイントを解説します。

何を目的にするのか

初心者から始めるにあたってまず考えて欲しいのは、自分が何を求めて剣道を始めるかです。

大きく分けるなら、徹底的に稽古を積んで一流の剣士を目指すのか、適度に頑張って剣道を楽しむだけで良いのかです。

同じ初心者から始めるとしても、心構え一つで取るべき選択は大きく変わります。

一流の剣士を目指したいのなら、それ相応の環境に自分を置き、厳しい稽古に取り組まなければなりません。

逆に剣道を楽しみたいだけなら、あまり厳し過ぎる団体に所属するのはお勧めしません。

そして覚えておいて欲しいのは、大学から始めても一流の剣士になることは不可能ではないと言うことです。

ですから、剣道を始めてどうしたいかは、本当に自分次第なのです。

初心者が気を付けること

上記のように剣道を初心者から始める目的を設定したら、今度はどこの団体に所属するかを考えます。

その際、必ず行って欲しいのは情報収集と見学です。

剣道経験者ならどの大学がどの程度のレベルかある程度知っていると思いますが、初心者にそのようなことはまずわかりません。

剣道を楽しみたいだけでそこまで本気でするつもりがないにもかかわらず、大学の部活が全国レベルだと、稽古が厳し過ぎて付いて行けず、結果として剣道を嫌いになってしまいがちです。

勿論、部活自体が全国レベルでも初心者の受け入れ態勢が出来ている大学もあります。

ですから、そう言った観点からも見学は必須だと言えます。

本当に自分が望んだ剣道が出来る環境なのか、納得出来るまで見学すれば良いでしょう。

それでは、自分が到底付いて行けないレベルの部活なら剣道を始められないかと言うと、そうとは言い切れません。

と言うのも、大学にはサークルと言う仕組みがあるからです。

基本的にサークルは、部活よりも初心者が参加し易い場合が多いです。

しかし、それも絶対ではないので、どちらにしても見学は必要です。

中には、サークルに参加している全国レベルの剣士もいるからです。

そしてもう一つ、大学から初心者で始める手段があります。

それは、近所の町道場に通うことです。

町道場の指導者は剣道を広めたいと考えているハズなので、邪険にされることはほとんどありません。

ですが、やはりそれも絶対とは言えないので、ここでも見学は大事です。

これらのことを踏まえれば、大学から剣道を始めることも出来るので、積極的に挑戦して下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする