剣道が上達する家での稽古方法

剣道などの武道を上達させるには、当然ながら稽古を積まなければなりません。

このようなことは今更言われるまでもないと思いますが、現実問題として剣道場で稽古出来る時間は限られています。

そうなると稽古は満足に出来ないかと言えば、一概にそうとは言い切れません。

剣道場で稽古が出来ないのなら、家ですれば良いのです。

そこで今回は、家でも可能な剣道の稽古方法について解説します。

狭いスペースでも大丈夫

家でも出来ると言いましたが、一言で家と言っても様々です。

たとえば、庭がある家とない家。

これだけでも大きな違いがあり、庭があるならそこで素振りなどが出来ます。

しかし、庭などのスペースが確保出来なくても、家で出来る稽古方法はあります。

その1つは、正座をした状態での素振りです。

これなら、家の中でも充分に可能です。

この素振りでは下半身の反動を使うことが出来ないので、背筋や肩甲骨の動きなど、上体の身体操作を磨くことが出来ます。

更に、同じ場所に留まったまま行うので、精確なフォームを身に付けられると言うメリットもあります。

このとき、大きめの姿見に自分を映してすることで、より一層フォームの確認がし易くなります。

もう1つは、いわゆるその場打ちです。

剣道の打突は、手首のスナップが非常に重要です。

剣道経験者なら1度は聞いたことがあると思いますが、『手の内』と言われる鋭い打突を繰り出す為の両手の使い方は、かなり大きな課題だと言えます。

そこで登場するのがその場打ちで、これによって手首のスナップを上達させることが出来ます。

中段の構えのまま大きく振りかぶらずに、手首のスナップを用いてその場で面や小手を打つように、連続で竹刀を振って下さい。

ここで大事なのは、ただ漫然と行うのではなく、力の入れ方や緩急などをその都度試行錯誤することです。

それによって、自分に合った『手の内』を見付けることが出来るでしょう。

集中力を高める

上記では剣道の技術を家で磨く稽古方法を紹介しましたが、ここでは別の角度から剣道の上達に関して解説します。

剣道では稽古前と後に、必ず黙想を行います。

これは要するに『禅』と言う考えに基づいており、集中力を高める為の稽古方法です。

ポイントは、まず姿勢を正し、息を大きく短く吸い、長くゆっくりと吐き出すことです。

その上で無心を心掛けるのですが、これは言うほど簡単ではないです。

そこで有効なのは、数字を1から数えることです。

そして雑念が出て来たら、また1から数え直しましょう。

どの程度の時間が最適かと言えば、線香1本が燃え尽きるまでだと言われていますが、これに固執する必要はありません。

自分の集中が続く範囲で行い、慣れて来たら徐々に長くすると良いでしょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする