週に1回の稽古でも、剣道が上達する秘訣

剣道に限らず、武道やスポーツを上達させたいなら、稽古や練習をしなければなりません。

しかし現実には、中々時間が取れずに週に1回程度しか剣道の稽古が出来ない人も多いです。

特に社会人がそうで、学生と違って仕事を優先する分、そうなってしまいがちです。

そこで今回は、週1回程度の稽古でも、剣道が上達する方法について解説します。

週1回の稽古の場合

上記のように、週に1回程度の稽古では、精々が現状維持になります。

先週何かを掴んでも、今週になると微妙な誤差が生まれてしまうこともあります。

これをなんとかするには、より多くの稽古を積むしかありませんが、週に何度も稽古が出来るならこの話題は終わりです。

ですが現実はそうではなく、社会人にとって剣道に割ける時間は、そうそう多く取れるものではありません。

学生は学生で、全体練習が終わって次の日まで何もしなければ、自分が上達させたいことに手を付けることなく次の練習に移ることになってしまいます。

そこで大事になるのが、復習と予習です。

復習と予習の重要性

上記では単純に週1回の稽古を続けた場合はどうかを解説しましたが、その問題を打破するのが前述の復習と予習です。

唐突ですが、皆さんは勉強の復習と予習にどのような印象を持っていますか?

個人的には、正直なところあまりやりたくないことでした。

このように感じるのは恐らく私だけではないと思いますが、実際は非常に有用な考え方なのです。

授業で習ったことを本当に自分のものとする為に、しっかりと復習する。

その上で、次の授業をより正確に理解する為に、きちんと予習する。

面倒だと言う感情が湧いてしまうのは仕方ないかもしれませんが、この方法は剣道にも流用出来ます。

つまり、週に1回しか稽古出来ないとしても、その内容を短時間でも良いので毎日復習し、自分の中に定着させると言うことです。

何より大事なのは、まずは竹刀を握ることです。

これを毎日続けるだけでも、随分と変わってきます。

無論、出来るだけ長い時間復習する方が良いですが、それが出来るなら稽古に行くでしょう。

また、実際に竹刀を振らなくても復習する方法はあります。

それは、稽古中の自分を撮影し、自宅でじっくり見直すことです。

それによってフォームチェックや自分の癖に気付くことが可能で、次の稽古に活かすことが出来ます。

これは予習にあたり、次の稽古までに何を課題にするかを決めておくのです。

このように、週に1回の稽古しか出来ないとしても、自宅にいる時間を使って復習と予習に取り組めば、充分に上達することは可能です。

伸び悩んでいる方は、是非1度試してみて下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする