剣道は何歳からでも始められる!30代の初心者が続ける秘訣!

剣道や他の武道、またはスポーツなどを30代の社会人が初心者から始めるのは、ハードルが高いように思われがちです。

学生の頃に剣道部に所属していたのなら別ですが、全くの初心者であるなら、どうしても敬遠してしまうのでしょう。

特に剣道は道具が必要なので、いざ始めて続かなければ無駄になってしまいます。

そこで今回は、30代の社会人が初心者でも剣道を始められることと、その際に心掛けておくべきことをテーマに焦点を当てて話させて頂きます。

意外と多い30代

こう聞くと疑問に思うかもしれませんが、初心者でも30代や40代から剣道を始める人は、思いの外多いのです。

それは何故かと言うと、お子さんが剣道を習っており、その保護者が練習を見ているうちにやりたくなる場合があるからです。

そう言った人たちは大抵30代から40代であり、結果としてその年代の初心者は意外と多くなります。

中にはそのまま稽古を積み、果ては指導者にまでなる人もいるくらいです。

剣道を始める目的は人それぞれですが、わかり易いモチベーションとしては昇級審査や昇段審査でしょう。

最初は良くわからないまま竹刀を振っていたのを、審査に向けて次第に洗練していくのです。

ここで大事なのは、やらされるのではなく、自分から進んで練習することです。

やりたくもないのに審査を受けるくらいなら、初めから受けない方が良いです。

ここが学生と社会人の違いで、社会人から剣道を始める場合、何より自分が楽しむことを重視するべきです。

学生ならとことん自分を追い込んだり厳しい稽古を積むことも大事ですが、社会人にとっては家庭や仕事の方が大切でしょうし、そうあるべきだと思います。

ですから、あくまでも自分に出来る限りの努力をし、楽しいと思える範囲で頑張ると言う意識を持ちましょう。

それが、社会人の初心者が剣道を続けられる秘訣と言えます。

社会人の初心者が剣道を始める利点とは?

それでは、社会人が初心者から剣道を始めることに、どのような利点があるのか見ていきましょう。

第一に挙げられるのは、運動不足やストレスを解消出来ることです。

単純に体を動かすことは健康に良いですし、お腹から声を出すのも有効です。

また、あまり知られていない利点として、知人や友人が出来ることもあります。

共通の話題を持つ知り合いは貴重で、剣道以外での付き合いに発展する可能性もあるでしょう。

生涯の友になるかもしれませんし、そうでなくとも交友関係を広めるのは良いことです。

更に、お子さんも剣道を習っているなら、家庭内での会話が盛り上がります。

昨今は家族間の繋がりが希薄になっていることが問題視されているので、これは非常に大きなことだと言えるでしょう。

このように、社会人から剣道を始めるのは決して敷居が高いことはなく、むしろ多くの利点があるのです。

もし少しでも興味があるのなら、近くの町道場を見学することをお勧めします。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする