道具にも気を付けよう。剣道の竹刀のバランス

剣道を上達させるには、何よりも効果的な稽古を積む必要があります。

ただ稽古時間が長ければ良いのではなく、正しい稽古方法を実践しなければなりません。

しかしながら、それだけでも足りないのです。

他に何が必要かと言えば、剣道を学ぶにあたって必須である、防具や竹刀です。

自分に合っていない竹刀を使っていれば、いくら稽古しても中々上達しないでしょう。

そこで今回は、剣道の竹刀のバランスについて、解説したいと思います。

竹刀の柄の長さに違い

竹刀を選ぶ際に気を付けるポイントですが、柄の長さと重心のバランスだと言えます。

柄の長さについては、長い方が右手が前に出るので、てこの原理を利用した打突が打ち易いと言うメリットがあります。

他にも、応じ技や返し技、引き技、フェイント技など、多くの技を打ち易くなります。

特に小手打ちは、小さく速く打たなければならないので、柄の長い竹刀の方が打ち易いです。

ですが、メリットがあると言うことは、当然デメリットもあります。

それは、飛び込み面や突きなどの、遠間から打つ打突が届き難いことです。

柄の長さの違いは、精々が拳1つ分くらいのものですが、剣道においてはかなり大きな差です。

そして、最も大きなデメリットは、剣道が小さく見えてしまうことです。

これはどう言う意味かと言うと、小手打ちが打ち易い為に頼りがちになり、他の技が疎かになってしまうと言うことです。

要するに、柄が長いバランスの竹刀は、小技が打ち易い代わりに大技が打ち難いと言うことです。

竹刀の重心の違い

続いて、重心のバランスについて解説します。

大きく分けると、竹刀の重心が手元に近い場所にあるか、剣先に近い場所にあるかと言うバランスです。

重心が手元に近い場所にあると、竹刀を軽く感じるので、速い打突が繰り出し易いです。

剣道において速い打突は大きな武器なので、その観点から見れば、手元に近いバランスの竹刀は適しています。

付け加えるならば、腕力に劣る選手でも扱い易いと言うメリットもあります。

ただし、速く竹刀を振れる反面、打突が軽くなってしまい、審判が一本を取らないことも良く見掛けます。

ここまで言えばわかるかと思いますが、剣先に重心があるバランスの竹刀は、竹刀を重く感じて打突が遅くなりがちで、非力な選手では扱い難いと言うデメリットがあります。

そしてメリットは、重い打突を放てるので、一本を取れる確率が高くなることです。

以上のことを踏まえて、自分に合った竹刀を選び、剣道の稽古に励んで下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする