剣道の突き打ちが上手くなるコ

剣道の基本技と言えば、面打ち、胴打ち、小手打ちの三つを思い浮かべる方も多いかと思いますが、有効打突はもう一つあります。

それは、突き打ちです。

剣道の突き打ちは有効打突部位が狭く、決めるのがかなり難しいです。

練習では突き打ちが高確率で決まる人も、試合になるとなかなか打てないと言った場面も良く見られます。

そこで今回は、剣道の突き打ちが上手くなるコツに関して解説します。

小手を突く意識を持とう

剣道の突き打ちが上手くなるコツですが、幾つか挙げてみようと思います。

一つは、手の力だけで打とうとしないこと。

一つは、小手を突くくらいのつもりでいること。

一つは、突いた瞬間に引いて残心を取ること。

手の力だけで打たないのは、他の打突に関しても共通しているので省略します。

ポイントは、小手を打つ意識を持つことでしょう。

突き垂を狙うよりも小手を突くつもりで打つと、案外すんなりと有効打突部位に届き易いです。

その上でしっかりと引くのが大事で、どれだけ見事に突けても残心がなければ一本にはなりません。

また、右手に力を入れないことも重要なコツでしょう。

右手に力が入ってしまうと太刀筋ぶれてしまうので、有効打突部位を捉えることが難しくなります。

それゆえに手で打つのではなく、腰を使って打つことが鍵となります。

いつ突きを打てば良いか

上記のことを意識して稽古を積めば、基本の突き打ちは習得出来るハズです。

それでは、実戦ではどのように使えば良いのでしょうか。

剣道における打突の機会は、大きく分けると以下の通りです。

・技の起こり
・技の終わり
・相手が居着いた瞬間
・相手が退いた瞬間

この中で突き打ちを放つのに最も有効なのは、相手が居着いた瞬間です。

技の起こりも狙い目ではありますが、相手が前に出て来たところを打つのはリスクが高いです。

しかし、だからと言って待つのではなく、常に攻め気を持って相手を牽制し、相手を居着かせることが肝要だと言えます。

更に、突き打ちを打てる場面と言うのは、他の技を打てる機会でもあります。

ですから、突き打ちと見せ掛けて面打ちなど、変化を付けることも可能です。

それだけでも突き打ちを習得する価値はあり、戦術に幅が生まれるのです。

ただし、それは本当に強烈な突き打ちが出来ることが前提条件です。

怖くも何ともない突き打ちでは、相手の気を引くことが出来ません。

ですから、まずは試合でも決められる突き打ちをマスターし、その上で他の技との連携を考えましょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする