剣道初心者の方のための全国クラスになるための心構え

初めに言っておきますが、剣道初心者が全国クラスにまで成長するのは、決して簡単なことではありません。

むしろ、極めて難しいとすら言えるでしょう。

ですがそのことを踏まえた上で、剣道初心者が上達するためにどうすれば良いか、解説したいと思います。

何事も地道な努力を続けることが大事で、現在全国クラスだと言われている人も、最初から強かった訳ではありません。

しかし、だからと言って諦める必要もなく、以下のことを念頭に置いて稽古を積めば、剣道初心者から全国クラスにまで駆け上がれる可能性はあるでしょう。

当たり前のことを当たり前に出来るように

全国クラスの剣道選手に成長するために何が必要かですが、当たり前のことを毎日継続出来る力だと私は考えます。

特に素振りが重要で、これは初心者も上級者も、それこそ全国クラスの選手も同じです。

とは言え、一言で素振りと言っても様々です。

正しいフォームを身に付けるために行う、竹刀や軽い木刀を用いる素振り。

打突の速度やキレを磨きたいなら、重い木刀による素振り。

この二つだけでも、効果は全く違うと言って良いでしょう。

そして、上下素振りや正面素振り、左右面素振りに早素振りなど、バリエーションに富んだ素振りを行うようにして下さい。

このとき大事なのは、ただ漠然とするのではなくそれぞれに意味を持たせ、自身の課題を克服すると言うことです。

ルーティンとしての素振りも取り入れても良いでしょうが、それとは別物だと思って下さい。

回数をこなすのではなく、一振り一振りを意識して、試合で一本を取れるイメージを持ちましょう。

素振りの成果はすぐに表れることはないかもしれませんが、正しい方法で続けていれば必ず効果があります。

自分より強い人にぶつかろう

剣道に限らず何事も一足飛びに上達することは稀ですが、それでも敢えて手段を挙げるなら、自分よりも強い人と稽古することが効果的です。

初心者だからと尻込みするのではなく、自分から進んでやられに行って下さい。

最初は怖くて仕方ないと思いますが、強い人と稽古出来る機会は、非常に貴重なのです。

その相手が全国クラスの選手だとすれば、単純に考えてその人と渡り合えるようになれば、自分もその高みに上れたと言うことです。

無論、それは言葉にするほど容易いことではなく、辛い思いを何度もすることでしょう。

ですが、それを恐れずに向かって行き、自分と相手の何が違うのか、どうして上手くいかないのか、どうすれば上手くいくのか……など、常に考えを巡らせておくことです。

稽古時間だけではありません。

空いた時間があれば少しでも強くなれるように、稽古の反省をすると良いです。

それほど、初心者から全国クラスに上り詰めるのは、大変なことなのです。

日々の稽古を『正しく』継続して行い、出来るだけ強い人と稽古する。

単純なようですが、これらを実践するのは難しいです。

それでも全国クラスを目指したいのなら、是非チャレンジしてみて下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする