自宅でできる剣道の稽古メニュー

剣道の練習をイメージすれば、恐らく真っ先に剣道場を思い浮かべるかと思います。

それは間違いではなく、実際に本格的な練習をしようと思えば、学校の体育館などを剣道場として利用する必要があるでしょう。

ですが、その時間は有限であり、人によってはもっと練習したいと思うかもしれません。

そこで今回は、少しでも剣道が上達したい人に向けて、自宅での稽古法をご紹介したいと思います。

狭いスペースでも大丈夫

剣道場と自宅での稽古の大きな違いと言えば、やはりスペースの問題でしょう。

自宅で竹刀を充分に振り回せるスペースを確保するのは難しく、それゆえにまともな稽古は出来ないと思いがちです。

しかし、少し工夫するだけで自宅での稽古は可能なのです。

その一つは、正座での素振りです。

これは文字通り、正座をした状態で素振りをするのですが、下半身が動かない分、上半身に意識を集中することが出来ます。

具体的には、肩甲骨や背筋の動きなどです。

出来れば姿見を用意して、正しいフォームで素振りが出来ているか確認すると、更に効果的だと言えるでしょう。

もう一つは、手首のスナップに関する練習です。

剣道において手首のスナップを効かせる技術は、非常に重要です。

俗に手の内の呼ばれる、鋭い打突を打つ為の手の使い方は、剣道を志す者にとって大きな命題となります。

そこで登場するのが、その場打ちと言う稽古法です。

普段と同じように中段の構えを取り、振りかぶることをせずにその場で手首のスナップを効かせ、面や小手を打つようにして竹刀を振りましょう。

ここでのポイントは、ただ漠然と行うのではなく、いろいろなパターンを試して自分に最も適した手の内を探求することです。

前述の通り、手の内を身に付けることが出来れば、剣道選手としてのレベルが上がるでしょう。

一朝一夕で習得出来るようなモノではありませんが、だからこそ徹底的に練習するべきなのです。

技術面以外にも目を向けよう

恐らくですが、どの剣道場でも稽古の始まりと終わりには黙想をするハズです。

これは禅に関連しており、集中力を高める為の大事な稽古です。

自宅での稽古は激しい動きが出来ませんが、瞑想ならどこでも出来るでしょう。

気を付けるのは、姿勢を正しく保ち、息を吸うときは短く大きく、息を吐くときはゆっくり長くすることです。

このとき、いわゆる無心状態を心掛けるのですが、実際にやってみると中々難しいです。

そのような場合は、胸中で数を数えると比較的集中し易いです。

雑念が出て来たら最初から数え直すなどして、数を数えることにのみ意識を集中させます。

瞑想の時間は線香が一本燃え尽きるまでだと言われていますが、自分が続けられる範囲で行えば良いでしょう。

このように、剣道の稽古は自宅だからこそ時間を取って行えるモノもあるので、本気で上達したいと考えているのなら、是非取り組んでみて下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする