剣道で胴が打てないとお悩みの方のためへ!得意技にするコツ

派生技を入れればかなりの種類になりますが、剣道における技は面打ち、胴打ち、小手打ち、突きの四種類です。

その中でも今回は胴打ちを取り上げて解説するのですが、胴打ちを打てないと悩んでいる人からは似たような質問を受けることがあります。

逆に言えばそのポイントさえ克服出来れば、もう胴打ちが打てないなどと言わずに済むのです。

胴打ちの正しい打ち方とは

剣道における胴打ちのコツをお教えする前に、改めて正しい胴打ちがどのようなモノか説明します。

正しい胴打ちを打つには、真っ直ぐに竹刀を振りかぶり、手首を返して刃筋を正しく打ち、しっかりと打ち抜かなければなりません。

一言で胴打ちと言っても多種多様ですが、基本的には上記のポイントを押さえましょう。

ここでの注意点は、通常は遠山の目付にしているのを、胴打ちの瞬間だけは相手の胴を見据えることです。

まずは通常の胴打ちを練習するべきですが、左右どちらの胴も打てるようになれば、戦術に幅が生まれます。

胴打ちのコツとは?

剣道の胴打ちの基本は上記の通りですが、次に具体的なコツを説明します。

打てないと悩んでいる人の多くは、足運びが拙かったり、相手の身長を考慮していないことが往々にしてあります。

心掛けて欲しいのは、胴打ちは面打ちや小手打ちと違って、踏み込まずにすり足で打つことです。

踏み込むように教えられていることもあるかと思いますが、胴打ちがどうしても打てないなら、一度この方法を試してみて下さい。

竹刀を振りかぶると同時に右足を前に出し、打つ瞬間に左足を引き付けるようにします。

イメージとしては、右足を前に出しながら相手の竹刀を受けて、手首を返して胴を打つ際に左足を引き付けると言った具合です。

もう一つのコツは、相手との身長差を考慮することです。

当然ながら試合相手は逐一違うので、毎回同じように打っていれば上手く打てないでしょう。

特に自分より身長が低い相手に胴打ちを決めるのは難しく、工夫が必要です。

そこで大事なのが、右足を前に出したときに膝を大きく曲げて、体全体を低く沈ませることです。

そうすることで、通常の相手と同じように打つことが可能なのです。

そして最後のコツですが、打ったあとは素早く抜くことです。

どれだけ綺麗に胴を捉えても、残心が出来ていなければ一本にはなりません。

これに関しては様々な意見があるので、よほどの拘りがない限りは指導者の方針に従って下さい。

恐らく共通して言えるのは、胴を「打つ」のではなく「斬る」イメージを持つことでしょう。

以上のコツを押さえて、自分の剣道を成長させて下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする