剣道の試合で勝つ技とは何か?

剣道を学ぶ最大の目的は、自己を高めて人間的に成長することです。

しかしながら、厳しい稽古を積んで剣道が上達したのなら、試合に出て勝ちたいと思うのが自然な流れでしょう。

そこで今回は、剣道の試合で勝つ為に意識するべきポイントと、勝つ技を解説したいと思います。

剣道の試合で勝つ為のポイント

剣道の試合で勝つ技を解説する前に、知っておいて欲しい幾つかのポイントを解説します。

大前提は、精神的な事柄です。

簡単に言えば、何が何でも相手に勝つと言う、強い気持ちを持つことです。

実力で相手に劣っているとしても、気持ちで勝っていれば引っくり返せる可能性があります。

また、そのことを通して、人間的な成長に繋がるのです。

だからと言って、無暗矢鱈と攻め込めば良いのではありません。

剣道において最も攻め易いのは、相手が技を放つ瞬間です。

これに関しては、初心者も上級者も同じでしょう。

つまり、この瞬間を逃さずに技を打つことが出来れば、勝利に大きく前進します。

ここで注意して欲しいのは、待つのではなく備えると言うことです。

この2つは、似ているようで全くの別物です。

ただ待っている相手ほど攻め易いものはなく、やられたい放題になってしまいます。

ですから、あくまでも攻め気は持ち続け、その上で相手の隙を逃さないようにするのです。

勝つ技を身に付けるには

次に、剣道の試合で勝つ技について解説します。

試合で勝つ技を放つには、大きく振りかぶってはいけません。

強い打突を繰り出そうとすると、どうしても大きく振りかぶりがちですが、これは間違いです。

振りかぶろうとすると、竹刀が弧を描くような軌道になってしまい、速度も威力も出せません。

剣道の試合では、瞬きするような時間が勝敗を決するので、このような打突は勝つ技とは言い難いです。

それでは、どうすれば勝つ技を打てるかですが、直線を意識することが有効です。

竹刀を大きく振りかぶるのではなく、頭上に掲げた竹刀で直線を描くようにして、真っ直ぐに振り下ろして下さい。

これによって竹刀が最短距離を走り、相手に反撃する暇を与えずに済みます。

更に、これを習得することが出来れば、技にキレが生まれます。

そうすることで、より一層相手に反応させることなく、打突を繰り出せます。

ここで大事なのは、手首のスナップを使うことです。

最短距離で打つことが出来ても、技にキレがなければ有効打とはならないので、しっかりスナップを効かせるようにして下さい。

以上のことを意識して練習すれば、試合で勝つ技を身に付けることが出来るでしょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする