剣道の試合で勝つコツ!正しい心構えを身に付けよう

剣道を続ける最大の目的を簡単に言えば、厳しい稽古を通じて人間として成長することです。

とは言え、日頃から稽古を積んで技を磨いているからには、試合で勝つことも大きな目標の一つだと言えます。

特に学生にとって試合に勝つコツは、最も知りたいことではないでしょうか。

試合に勝つコツと言っても最終的には多くの稽古を積むしかありませんが、今回は剣道の試合に臨む心構えに関して解説させて頂きます。

内容は今更な部分も多いですが、意外と出来ていなかったり、思い違いをしている人もいるので、改めて自分の剣道を見直してみて下さい。

無理に前に出ても待っても駄目

剣道の試合に勝つコツを挙げるとすれば、相手が技を打って来た瞬間を狙うことでしょう。

そのことは多くの剣道選手や指導者が知っており、それゆえに相手の技に合わせようとしているのですが、正しく理解出来ていない人がこの戦法を取るのは非常に危険なのです。

中学生や高校生にもこの特徴が見られ、相手の技を待ち過ぎて足が止まってしまっています。

ですが、足を止めてしまうことは、剣道において致命的な隙を生んでしまいます。

何故なら相手の打突に対して、まともに反応出来なくなるからです。

そこで大事なのが、「待つ」と考えるのではなく、「機会を窺う」と考えることです。

試合で勝つコツが、相手の技に合わせることだからと言って待ってしまうと、動きが止まって無理な打突になってしまいます。

しかし、機会を窺って常に動くようにしていれば、無謀な攻撃を仕掛けずに済みます。

そのことを履き違えずに、あくまでも前に出る気持ちを持ち続けましょう。

タイミングが合わなければ

相手の打突にいくら備えていても、タイミングが合わないことがあります。

そのようなときは無理に技を出さずに、相手の攻撃をいなすようにしましょう。

指導者によってはいなすことを良しとせず、打ち返すように教えているようですが、これは危険極まりないです。

それは何故かと言うと、無理に合わせた打ち方は、審判に悪い印象を与えてしまうからです。

場合によっては攻め気がないと判断されたり、相手に押されていると見なされてしまうのです。

一度こう言う判断をされると、その試合中に取り戻すのは中々難しいです。

ですから、タイミングが合わなかったときは無理に合わせずに、しっかりといなすようにしましょう。

更に、合わせるだけではなく、機会を窺って隙が見えれば、躊躇なく打ち込んで下さい。

そうして自分から攻めることが出来れば、より一層相手にプレッシャーを与えられるハズです。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする