身長が低くても諦めないで!剣道の試合で勝つ秘訣!

剣道の最も重要な目的は人間として成長することであり、試合の勝ち負けだけを追求する武道ではありません。

とは言え、いざ試合に出場するとなると、当然ながら勝ちたいと思うでしょう。

それは何も間違ったことではなく、ごく普通の感情です。

しかし、残念ながら世の中公平ではなく、体格にはある程度の差があります。

そこで今回は、身長が低い選手が剣道の試合で勝つ秘訣について話させて頂きます。

身長が低くても出来ることはある

身長が低い選手が剣道の試合で勝つ秘訣ですが、その一つは相手の癖を見抜く観察眼を磨くことです。

普段の稽古から人一倍相手を深く観察することで、その力を養うことが出来ます。

この能力の特筆すべき点は、年をとっても使えることでしょう。

相手のことを何もわからずに試合に臨むのと、相手の癖や弱点を把握しているのとでは、天と地ほどの差があります。

これが出来れば、身長が低くても体格の良い選手を打ち倒すことが可能です。

他には、筋力を付けるのも勝つ秘訣と言えるでしょう。

これは当たり前のように聞こえるかもしれませんが、身長が低い選手ほど、竹刀を自由自在に扱えるようにならなければなりません。

そして、身長を伸ばすことは出来なくても、筋力を付けることは努力次第で誰にでも出来ることです。

このとき注意するべきことは、考えなしに筋力増強を図るのではなく、計画的にトレーニングすることでしょう。

要するに、自分のどの筋力が足りないのかを認識して、そこを鍛えるにはどうすれば良いかを、明確にしなければならないと言うことです。

努力しなければならないのは確かですが、努力の方向を間違ってはいけません。

得意技を絞ろう

剣道の試合で勝つ秘訣として、本来なら全ての技を万遍なく上達させる必要があります。

ですが、身長の低い選手が自分よりも大きな相手に面打ちを決めるのは難しいので、どちらかと言えば胴打ちと小手打ちをメインに稽古することをお勧めします。

身長が高い選手からすれば、身長が低い選手の胴打ちや小手打ちは脅威であり、むしろ身長差を活かせる戦い方が出来るでしょう。

もう一つの秘訣は、とにかくスタミナを付けることです。

そして、試合が始まって暫くは、相手のスタミナを削るような戦法を取りましょう。

身長が低い選手の方が小回りは利くので、この分野では上を行ける可能性が高いです。

その後、相手を疲れさせることに成功すれば、あとはこちらから攻めれば良いのです。

以上のことを踏まえれば、身長が低くても、試合に勝つことは不可能ではありません。

大事なのは、自分に何が出来るのかを常に考え、その為の努力を怠らないことでしょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする