剣道が上達するための稽古の心構え

剣道が上達するには、当然ながら稽古を積む必要があります。

ですが、稽古の心構え次第で伸び方は大きく違ってくるのです。

稽古の心構えが正しく出来ていれば、自然と剣道は上達しますし、人間としても一回り成長するでしょう。

そこで今回は、剣道における稽古の心構えについて、探求してみようと思います。

理念と心構え

稽古の心構えに触れる前に、剣道の理念をおさらいしておきましょう。

剣道の理念とは、「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である」と言うモノです。

「剣の理法」は「刀法」、「心法」、「身法」の三つに分けられます。

「刀法」は精確な打突を表し、「心法」は充実した気勢、「身法」は正しい姿勢のことを言います。

以上の三つを合わせて、「剣の理法」と呼ぶのです。

ところが、どれだけ稽古を重ねてもゴールは存在しません。

要するに、身が朽ちるまで稽古を積み、どこまでも自己を高めていこうと言う考えから、「形成」と言う文言が使われています。

そして、この剣道の理念と併せて、剣道修練の心構えと言うモノが存在します。

具体的に言えば、「剣道を正確かつ真剣に学び、心身ともに磨いて、旺盛な気力を養い、剣道の特性を通じて、礼儀を尊び、信義を重んじて、誠を尽くして、常に自己の修養に努め、国家社会を愛し、人類の平和繁栄に寄与せんとするものである」と言う内容です。

以上のことを鑑みるに、剣道の稽古を積む目的は勝利や名声ではなく、人間形成に重きを置いていることがわかると思います。

無論、武道であり試合などがある以上、勝つことを目指すのは悪いことではありません。

ですがそれだけではなく、ときには剣道の理念や心構えに思いを馳せて、自分自身を見つめ直すことも大切でしょう。

センスよりも努力

上記では剣道の理念に基付いた稽古の心構えに触れましたが、今度は実際に剣道が上達する、技術面を磨く為の心構えに焦点を当ててみます。

剣道に限った話ではありませんが、精神が運動パフォーマンスに与える影響は計り知れません。

それゆえ、稽古に臨む心構えによって、同じ練習をしても伸び方が全く違うのです。

そして、世の中にはいわゆる天才と呼ばれる人間が、少なからずいます。

剣道も例外ではなく、まさにセンスの塊のような人は極稀に見掛けます。

では、センスがなければ勝てないかですが、結論から言うとそうとは言い切れません。

中学生程度の段階であれば、センスだけでも勝てるでしょう。

ですが、ある一定以上のレベルになれば、センスだけでは通用しなくなります。

主に駆け引きや戦略が物を言い始め、そう言った要素は絶え間ない稽古や試合経験で培われるモノです。

更に言えば、剣道において本当に大事なのは、そちらの方なのです。

それゆえ、周りにセンスが溢れているような選手がいたとしても、諦めることはありません。

重要なのは、昨日よりも今日、今日よりも明日、少しずつでも高みを目指そうとする向上心を持ち続けられるかどうかです。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする