剣道の試合で勝つにはコツがある!ポイントを押さえて一つ上へ!

剣道や様々な武道、スポーツにおいて、試合で勝つことは一つの目標となります。

個人的にはそれだけを求めるのは好ましくありませんが、勝つ為に努力するのも非常に大切なことでしょう。

ですが、それは対戦相手も同じで、勝ちたいと思っているのは自分だけではないのです。

それゆえ、剣道の試合で勝つには、いろいろな意味で相手を上回る必要があります。

そこで今回は、剣道の試合で勝つにはどうすれば良いか、いくつかのポイントをお話します。

技を「出させる」

剣道で特に大事だと言われているのは足さばきですが、ここでは敢えてそのことを横において、あくまでも試合に焦点を当ててみようと思います。

基本的なことは既に出来ている前提なので、初心者の方は参考程度にして下さい。

まず知っておいて頂きたいのは、剣道の試合で攻撃し易いのは、相手の技の起こりだと言うことです。

技の起こりは、どれほどの上級者でも隙が生まれます。

ですから、試合で勝つにはその技の起こりを見逃さず、的確に攻める必要があります。

つまり相手に技を出させるのが有効なのですが、ここで大事なのは技を「出させる」のであって、技を「出される」のではないと言うことです。

打って来るのを待つのではなく、思わず打ちたくなるように誘導し、それにしっかりと備えることが出来れば、勝利に近付くことが出来るでしょう。

ただ待っているだけでは、相手に攻められるだけです。

待つのではなく、あくまでも攻めの姿勢は崩さずに、相手の攻撃に備えましょう。

振りかぶりは最小限に

強い打突を繰り出す為に大きく振りかぶるのは、至極当然の発想です。

しかし、試合に勝つにはこれではいけません。

竹刀を大きく振りかぶると弧を描くことになり、どうしても速度が落ちてしまいます。

一瞬で勝敗が決まる剣道の試合では、致命的な隙に繋がってしまいがちなのです。

そこで勝つ為に意識するべきなのは、竹刀を直線的に打ち込むと言うことです。

それによって竹刀が最短距離で有効打突部位に到達し、最速で相手を攻撃することが可能です。

同時に、攻撃の挙動を相手に悟られ難いと言う利点もあり、技を返される危険性も軽減出来ます。

ここで重要なのは、腕で振るのではなく手首のスナップを利かせて鋭く打つことでしょう。

剣道で一本を取るにはただ当てるだけでは駄目で、キレの良い技を放つ必要があります。

直線的な軌道で技を打つ場合、キレの良さが特に大切なので、普段の稽古から腕の力ではなく、手首のスナップで鋭い打突を打てるように意識しましょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする