試合で勝つ!剣道で面を速く打つコツ

剣道の試合で勝つことは、本来の剣道の在り方を考えれば最終目標ではありません。

ですが、厳しい稽古を積んで技を磨くからには、勝ちたいと思うのは必然でしょう。

そこで今回は、敢えて試合に勝つ為の技に関して解説します。

その中でも取り上げるのは、いかに速く面を打てるかです。

基本とは違う

剣道の試合で勝てるように、速く面を打つ方法を説明する前に、どのような面を速い面と呼ぶか知って下さい。

重要なのは、誰よりも速い打突を繰り出すことと、試合で旗が上がることです。

これを突き詰めると、基本からは離れてしまいます。

そのことを踏まえた上で、解説を続けます。

試合で勝てる面の軌道は、中段の構えから相手面の上部に突きを放つイメージです。

基本では大きく振りかぶりますが、これでは速く面を打つことが出来ません。

大事なのは左手の握力と右手首のスナップです。

左手のみで突きを繰り出す軌道を作り、竹刀を振るのは右手首のスナップに任せましょう。

最短距離を駆け抜ける

剣道で誰よりも速く面を打つには、竹刀を最短距離で走らせることが必要です。

打ち方は上記の通りですが、速く打てる以外にも利点があります。

それは、技が決まった際の姿勢が美しいことです。

左手でしっかりと軌道を作ることで、自動的に体が正面を向くからです。

そうすることで、「斜め面」や「担ぎ面」を防止する役割も持っています。

更に、最短距離で打突を打つことが出来れば、中心を取ることになるので、相手の竹刀の軌道を逸らすことも可能です。

このような面の打ち方は、基本に忠実な剣道をしている人からすれば、邪道に思われるかもしれません。

いわゆる試合剣道と呼ばれるような打ち方であり、徹底的に試合に勝つことを追求した方法だと言えます。

しかし、その効果は確かであり、今まで面が遅いことに悩んだり、合面で負けている人は、練習してみると良いでしょう。

言葉にすれば至極単純な技術であり、考え方も特に複雑なことなどありません。

ですが、習得するには相応の努力が必要です。

少し間違えれば、面に突きを放ってしまうような事態になりかねませんが、それは本当に紙一重だと言えるでしょう。

最短距離で面を打つと言うことは、それほどギリギリの攻防だと言うことも意味しています。

それでも、この打ち方を身に付けることが出来れば、「速い面を打てる選手」になることも出来るでしょう。

最後に改めてお伝えしますが、この打ち方は基本の打ち方から逸脱しています。

そのことを常に念頭に置いて、稽古に取り組むことを忘れないで下さい。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする