剣道が上達する秘訣!稽古の種類とポイント!

剣道に限らず、他の武道やスポーツも練習しなければ上達しません。

その方法は多種多様ですが、剣道の稽古の種類にもいろいろあります。

そこで今回は、剣道の稽古の種類にどのようなモノがあり、どう言った点に注意すれば良いかをメインに話させて頂きます。

そもそも稽古って何?

剣道の稽古の種類を具体的に見ていく前に、大前提として稽古が何かを知って欲しいと思います。

剣道における稽古を字義から解釈すると、「古(いにしえ)を稽(かんがえる)」と言う意味です。

これを更に掘り下げると、先人の教えを学んで工夫を凝らすと言う意味になります。

剣道の稽古は一般的に練習のことを指す場合が多いですが、本来の稽古の意味を考えれば、剣道を探求することも非常に大事なのです。

とは言え、初心者が考え込んでも良いことはないので、まずは教えられた通りに稽古(練習)を積み重ねることです。

剣道が上達する為の秘訣を挙げるとするならば、質の高い稽古を誰よりも行うしかないでしょう。

きちんとした稽古を続けていれば次第に技が磨かれ、その先に待つのは自分の稽古に対する疑念や不満です。

もっと良い稽古の方法があるのではないか、強くなる為に他にも出来ることがあるのではないか。

そういった気持ちが生まれれば、自然と工夫するようになり、更なる飛躍に繋がるでしょう。

そしてそれは、剣道の実力のみならず、人間としての成長にも関係しているのです。

具体的な稽古の方法とは?

上記では稽古とは何か?と言うことを改めて話させて頂きましたが、ここでは具体的な稽古法を取り上げてみます。

まずは切り返しです。

正面に打ち込んで体当たりを仕掛け、その勢いを使って左右の面打ちを前進、後退と併せて行います。

通常、稽古の始めと終わりには必ず取り入れられており、剣道における基本的な打突が全て含まれていると言われる、極めて重要な稽古法だと言えます。

次に打ち込み稽古です。

この稽古法では、相手に向かって連続で打ち込んでいきます。

実際の試合で打つ技の感覚や体捌き、更には間合いの取り方も身に付ける稽古法です。

面打ちや小手打ちなどを単発で繰り出す基本打ちの他に、連続技や引き技、応じ技も練習します。

三つ目は掛かり稽古です。

この稽古では、相手が敢えて隙を作った有効打突部位に向かって、即座に打ち込むようにします。

定められた時間の中で何度も全力での打ち込みを放つので、気力や体力を鍛えることが出来ます。

そしてこの稽古法の特徴は、瞬時に相手を攻める判断力を養えることでしょう。

剣道の試合は一瞬の隙が命取りになるので、その隙を見逃さないようにするのに有効です。

四つ目は地稽古です。

この稽古は、稽古の最後に行われることが多いです。

簡単に言えば練習試合のようなモノで、実戦を想定した稽古法です。

ここで注意するのは、勝ち負けにこだわるのではなく、今の自分に何が足りないのか、何を習得したいのか、何を改善したいのか、と考えることでしょう。

この稽古法では、自分よりも格上の先輩方に相手してもらえる機会も多いので、積極的に学びに行くとようにして下さい。

他にも稽古の種類は数多くありますが、基本的なのはこの四つだと思います。

稽古と言うモノが何かを知り、その稽古法がどのような意味を持っているのかを把握し、常に上を目指すように心掛けましょう。






失敗しない剣道上達教材の選び方のご案内
「強くなりたい」と心底願う少年から大人の方とまた毎日一生懸命稽古している剣士を勝たせたい思う監督や親御さんに絶対に後悔しないオススメできる剣道上達教材をランキング形式で紹介します。

自己流には限度がありいつまでたっても勝つことはできません。
正しい練習法を学ぶことで自己流で練習している人より早く上達できます。

剣道上達人気(DVD)教材ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする